雪国の屋根事情

屋根のトラブルについてお話させていただきたいです。まず、私の住んでいる地域は雪が降ります。瓦屋根ではありません。私の家(2階建て)の屋根は、雪が落ちるときに2階の雪が1階の屋根に当たるのです。ですので、1階の屋根が雪の衝撃に耐えきれずくぼみができてしまうのです。一度だけ本当に屋根にダメージがあったため、業者の人に屋根を直してもらいました。

札幌

最近だと無落雪の屋根というのがあるらしくて、それは、家の中の温かい空気を最後屋根にもってきて屋根の雪を融かすというものです。あとは、いわゆる三角屋根で雪を積もらせないという屋根もあります。そんな感じで、最近の家は、屋根の構造を強固にしている場合が多いので、そんなにトラブルはないかもしれません。ただ、20、30年前の家だとどうしても対策不足だったりします。

屋根の雪を融かせない場合、雪国の場合屋根に上って雪を落とさなければなりません。屋根でツルハシとかハンマーで叩くと下手をすると、屋根に穴が空いてしまうこともあります。私の家も2回くらい、それで雨漏りしています。そんな風に屋根のトラブルって意外と大変で、業者の人達とも仲良くなっておいたら、非常に助かります。すぐに来てもらえますからね。私の家の場合は雪の問題がありますが、雪が降らない地域の人の屋根も雨漏りとかあると思うので、業者の人と仲良くしていきたいですね。